かんぱん改善!

かんぱん

かんぱん

かんぱん?肝斑?

かんぱんとは、メラノサイトという細胞によって作られるメラニン色素で、顔の皮膚にできるシミの一種のことを言います。男女共に見られるものであるが主に30代から40代あたりの中年女性に多く見られ、女性にとっては肌の悩みの一つとなっています。

かんぱんの原因には様々な要因があるとされていますが、メラニン色素の多い黄色人種(アジア系)に多くできる傾向があります。色は一般的に薄い茶色をしており、主に頬や額、口の周りにできやすく、左右対称にできるため、人によっては広範囲に及ぶこともあります。

シミにはいくつかの種類がありますが、紫外線などの外からの刺激によってできる外的要因のものと、ホルモンバランスの乱れによってできる体の内側からの内的要因とに区別することができます。女性ホルモンの働きが大きく影響していることからかんぱんは内的な要因であるとされ、外的要因でできたシミに比べ消えにくいとされています。

しかし、かんぱんはある日突然にできるわけではなく、様々な要因が積み重なって表れてくるものなので、日頃から対策をしていれば予防することも可能です。また、既にできてしまったかんぱんも、薬の服用や治療によって改善することができます。

一度できてしまったかんぱんは時に顔全体の印象を変えてしまいます。女性は化粧をしてごまかすことも可能ですが、まずは、かんぱんのできる原因を知り、日頃から対策をすることが最大の予防となります。現在では市販でも様々な美白化粧品やシミ予防対策グッズなどが販売されていますが、できたシミの種類や原因を知らないままでは、なかなか効果が得られない場合もあります。

また間違った予防方法をして、悪化させてしまうことにもなりかねません。ただ単に予防していれば防げるというものではなく、シミの種類や原因を知ることで、より予防効果が期待できます。女性にとってシミは一大事、正しい知識とお手入れをして、いつまでも綺麗な肌を保ちましょう。

Copyright (C) かんぱん改善! All Rights Reserved